ハウスメーカーでの注文住宅

収納が使いやすい間取りはこうやって作る!収納を考える4つのポイントを解説!

  • 収納をたっぷり作りたい!
  • 片付けが苦手・・・収納しやすい間取りを教えて
  • 収納しやすい家ってどんな間取り?

間取りを考えるにあたって、収納については最大の関心ごとの一つでしょう。でも、意外と片付けがしやすい間取りって思いつかないもの。間取りの大きさだって限界があるから、効率よく使いやすい収納を考えたいって人多いんではないでしょうか?

そこで、間取りを考えるにあたって、収納について何をポイントにするべきか、基本の4つをお伝えします。これで、もう片付けには困らない!

具体的な収納術を知りたい人はこちら!

収納に困らない間取りとは あると便利な収納を部屋ごとに解説!

収納が使いやすい間取り 自分はどんなモノが多いかを把握する

「収納がたくさん欲しいんです」ってよく要望されますが、「欲しい収納=たくさん持っているモノ」は人それぞれけっこう違います。

洋服が多いのか、書物が多いのか、仕事のものが多いのか、アウトドア用品が多いのか、これによって収納計画は全て変わります。

収納計画を考える際は、

  • 今、何が溢れて困っているか
  • 本当は欲しいけど収納がなくて我慢しているものは何か

これを必ず把握しましょう。できれば、ありのままの住まいの現状を設計担当者に見てもらうことをお勧めします。

収納が使いやすい間取り 収納はモノを使う場所・動線上に作る!

当たり前のようで実は全然できていない間取りが多いのが、「使う場所や動線上に収納を作る」っていうことです。

モノが散らかる原因ってたくさんあるんですが、その一つに、使った後に収納する場所が近くにない、収納する場所にわざわざ行かなくてはいけないってことです。

例えば、本を読み終わったけど本棚が近くにないから出しっぱなし、ペンやハサミを使ったけど文具入れ収納が近くにないから出しっぱなし、帰宅したけど寝室が遠いからコートがリビングにかけっぱなし、など・・・

わざわざ収納しに行かなくてはいけないのが面倒なので、出しっぱなしになることが多いです。

この「わざわざ」をなくすのがポイントで、使ったらすぐに収納できる、動線上に収納がある、こんな工夫をすると、劇的に部屋が片付きます。

先ほどの例でいくと、

  • 本を読み終わったけど本棚が近くにないから出しっぱなし→よく本を読む場所(リビング?寝室?書斎?)に本棚を作る
  • ペンやハサミを使ったけど文具入れ収納が近くにないから出しっぱなし→リビングダイニングに、小物がしまいやすい収納を作る
  • 帰宅したけど寝室が遠いからコートがリビングにかけっぱなし→玄関からリビングまでの動線上にクローク(コート掛け)を作る

例えばこんな感じで収納考えていくと良いです。つまりは、自分の生活の仕方を考えると、自ずとどこにどんな収納があると片付けしやすいかが見えてきますよ。

収納が使いやすい間取り 収納するモノに合った奥行きの収納を作る

いくら収納がたくさんあっても、「使いやすい収納」でなければ結局は収納しなくなります。

例えば、リビングには文具類や書類、DVDなど細かいモノが多いです。でも、リビングに納戸があっても多分そこには収納しません。納戸は大きなモノを収納するのに便利ですが、細かいモノの収納には向かないからです。

また、奥行きの深い収納に小さいモノを置くと、棚の奥にあるものはとても出しにくく、また収納もしにくくなります。パントリー(食品庫)などだと、奥にあるモノがパッと見えませんから、いつの間にか賞味期限が切れていたり、無駄に何個も買い置きのものを買ってきちゃたりします。

つまり、使いやすさに一番影響するのが「収納の奥行き」なんです。

おおよそ、収納の奥行きは30㎝、45㎝、60㎝、90㎝〜の4パターンに分かれます。参考にしてみてください。

奥行き30㎝の収納

実は一番便利な収納で、一番作って欲しい収納です。

【代表的な収納物】

本、書類、文具、DVD、救急箱、乾電池、ガムテープ、小さいおもちゃ、ハンドタオル、靴、カバン、帽子・食品など・・・

【あると便利な場所】

リビング・ダイニング・キッチン・洗面所・玄関・トイレ・廊下・寝室・子供部屋など・・・至る所に欲しい収納。

奥行き45㎝の収納

これも意外に重宝しますよ。

【代表的な収納物】

まとめたストック系(水・ビール・トイレットペーパー・洗剤、ティッシュなど)、バスタオル、大きめの書物(図鑑や大きめの絵本)、少し大きめのおもちゃ(ボードゲームなど)など・・・

【あると便利な場所】

リビング・ダイニング・キッチン・洗面所・廊下など

奥行き60㎝の収納

これは、みんなが必ず作るやつですね。いわゆるクローゼットの奥行きがこれです。

【代表的な収納物】

洋服、掃除機など

【あると便利な場所】

寝室・子供部屋・玄関

奥行き90㎝〜の収納

押入れや納戸がこれにあたります。必ずどこかには取らなくてはいけませんね。

【代表的な収納物】

布団、大型の家電品、季節ものの飾り(クリスマスツリー、お雛様など)、スーツケース、アウトドア用品、段ボールなど・・・

【あると便利な場所】

廊下・寝室・客間

収納が使いやすい間取り 「収納する場所」と「飾る場所」をちゃんと分ける

これ、意外に部屋が片付くポイントです。

モノの多少はあれ、みんな写真や思い出の品、インテリア雑貨、観葉植物など、飾りたいモノがあるでしょう。お雛様などの季節物もそうです。

この「飾り専用のスペース」を取らないことがけっこうあります。そうすると、キッチンの上とかデスクの上とか、本来スッキリとさせておきたいところにモノが溢れてきます。

なので、「収納する場所」+「飾り専用の場所」を必ず用意しましょう。

どうしてもそれ専用の場所が取れない場合は、「飾り専用の壁」を用意する、天井からぶら下げて飾る、などの方法もありますよ。

収納が使いやすい間取り まとめ

  • 自分はどんなモノが多いかを把握する
  • 収納は使う場所・動線上に作る
  • 収納するモノに合った奥行きの収納を作る
  • 「収納する場所」と「飾る場所」をしっかり分ける

この基本のポイント4つを押さえて、間取りを担当設計士と一緒に考えていきましょう!せっかくの注文建築ですから、自分の生活に合った収納を作りましょうね。

あなたの建築計画が最高のものとなりますよう、心を込めて・・・