ハウスメーカーでの注文住宅

ハウスメーカーの失敗しない選び方 重要ポイントを徹底解説!

  • ハウスメーカーってたくさんあって、どれも良さそう
  • どこのハウスメーカーも良いことを言うから、どうやって決めたら良いかわからない
  • 自分たちに合っているハウスメーカーはどうやって選ぶの?

ハウスメーカーってたくさん合って、住宅展示場を見てもどうやって決めたら良いかわからない。むしろ、見れば見るほど情報量が多くなりすぎてどんどん分からなくなってくる・・・

家づくりに本気であればあるほど、研究熱心であればあるほど、陥る現象です。

ここでは、ハウスメーカーでの失敗しない家づくりのための第一歩、ハウスメーカーの選び方をお教えします。これで、あなたはもう迷わない!

 

ちなみに、もっと手前の段階で迷っている方はこちら!

初めての家づくり まずはタイプ分けから始めよう

一戸建て vsマンション 現役営業マンが教える本当のところ

建て売りvs注文建築 本当の違いを知って、後悔ない選択を!

ハウスメーカーvs工務店 本当の違いと選び方を徹底解説!あなたはどっち派?

ハウスメーカーの失敗しない選び方 家に対する価値観を一致させる

あなたが家について大切にしたい価値観は何かを知る

言われてみれば当たり前すぎることなのですが、最も大切なことは「あなたがどんな家を建てたいか」です。

この「どんな家」というのは、間取りがどうとか設備がどうとかそういうことではなく、

「あなたがこれから建てる家に求めることは何か、大切にしたいことは何か」

ということです。

具体的には、例えば「災害に強い家ということは外せない」「とにかく広い家がいい」「建築費を一番重視する」とか、こういうことです。

残念ながら、全ての人に100点のハウスメーカーは存在しません。ある人には100点でも別の人には50点、また別の人には20点と、「建てる人の価値観=大切にしていること」によってベストなハウスメーカーが変わってくるということです。

だからまずは、あなたが何を大切に家づくりをしたいか、が最も大切なことなのです。これが分からないとハウスメーカーは選べません。

大切にしたいポイントのランク付けとマッチング

とはいえ、いきなり「何が大切?」なんて聞かれても考えられない人も多いと思います。よくみんなが重視しているポイントは大体この4項目。

  • 【住宅の性能】
  • 【デザイン】
  • 【価格】
  • 【信頼性】

これらの各項目について、自分の中で優先度をランク付けします。

  • ランク①:家づくりでこれは絶対に外せない!検討最重要項目
  • ランク②:もちろん良いに越したことないけど、そこそこ満たされていれば十分
  • ランク③:正直、あんまり重視していない。ハウスメーカー選びの基準にはならないかなあ

各ハウスメーカーそれぞれに特徴・得意分野があって、全部の項目で100点なんてところはありません。

ランク付けで発見した自分が大切にしていることを、実現してくれるハウスメーカーを選ぶことが一番大切なことなのです。

「あなた」にとっての100点のハウスメーカーを探しましょう!

では、次に重要4項目についてもう少し細分化していきましょう。

ハウスメーカーの失敗しない選び方 ランク付け重要4項目

重要項目① 住宅の性能

住宅の性能と一口に言っても、その種類はいくつかあります。ここでは、住宅の性能をもう少し細分化し、さらにその項目について得意としている代表的なハウスメーカーもピックアップしちゃいます。

各項目についてランク付けをしてみてくださいね。

(ハウスメーカーの選定は、あくまで私個人の独断と偏見によるものです。間違っているとは思ってませんが、最終的にはご自身の目で確認してくださいね)

耐震性

災害といえば「地震」ですが、日本中どこに住んでいても震災のリスクは必ずあります。ハウスメーカーを選ぶにあたり重要視されることが多い項目です。

【地震に強いハウスメーカー3選】

  • ヘーベルハウス
  • パナソニックホームズ
  • ダイワハウス

※鉄骨住宅かつ、鋼製の制震構造を採用しているハウスメーカーを選抜しました。

耐震性について詳しく知りたい方はこちら!

地震に強い家を建てるため 必ず検討したい4つのポイント

 

耐火性

日常一般の火災に加え、都市圏では震災の際の二次災害で起こる大火災のことを考えなくてはならず、その際には最重要項目となります。

【火災に強いハウスメーカー3選】

  • 積水ハウス
  • ヘーベルハウス
  • パナソニックホームズ

※外壁材に耐火外壁を採用できるハウスメーカーを選抜しました。

断熱性

どれだけ快適に過ごせるか、暖かい・涼しい家を希望する人はとても多いですね。最近は国も省エネ住宅には力を入れています。

【断熱性能が良いハウスメーカー3選】

  • 一条工務店
  • スウェーデンハウス
  • 三井ホーム

※実際に謳っているUA値の高さや、気密測定の有無などで選抜しました。

断熱性について詳しく知りたい方はこちら!

高気密・高断熱の家 みんなが知らない落とし穴

耐久性・メンテナンス性

建ててからどれだけ長く住めるか、またお金をかけずに住み続けられるかは、持ち家を持つ人にとっての最大の関心ごとの一つでしょう。特に若い世代には最重要項目になると思います。

【耐久性・メンテナンス性の良いハウスメーカー3選】

  • 積水ハウス
  • ヘーベルハウス
  • 住友林業

※構造・防水の初期保証期間に加え、その保証実績がどれくらいあるかで選抜しました。

重要項目② デザイン・間取り

せっかく注文建築で建てるなら、オシャレ、カッコいい、洗練された、温もりのある、落ち着く、自分好みのデザインの住まいを建てたいと思う人も多いでしょう。

また、当然間取りの提案も大切ですよね。

正直、デザインや間取りにめちゃくちゃこだわるなら、ハウスメーカーではなく工務店や設計事務所の方がお勧めなのですが、「大手ハウスメーカー」という一定の安心感を持ちながらデザイン・間取りに拘りたい人もいます。

【デザイン・間取りの提案に定評のあるハウスメーカー3選】

  • 三井ホーム
  • 住友林業
  • 積水ハウス

※正直、ハウスメーカーといえど注文建築ですから、どのハウスメーカーでもほぼどんなデザインも間取りも物理的には実現可能です。なのでデザインは「どこのハウスメーカーか」よりも「担当者の能力」で全て決まります。なので選別はとても難しいのですが、今回は人的資源にお金をしっかりかけているハウスメーカーを選抜しました。

重要項目③ 価格

何千万円という買い物になるのが家ですから、もちろん「価格」を最重視する人も多いです。また、価格が安いということは、住まいを広くしやすいということから、「住まいの広さ」を最重視する人もここには含まれると思います。

【価格が安いハウスメーカー3選】

  • タマホーム
  • アキュラホーム
  • アイダ設計

※今回の「価格」とはあくまで「イニシャルコスト」に限定して選抜しています。建てた後のことを重視したい方は、先述の「耐久性・メンテナンス性」の方を重視するタイプとしています。

重要項目④ 信頼性

信頼性って様々な解釈ができるので、この定義はとても難しいのですが、ここでは「企業としての大きさとこれまでの実績」「アフターサービス・満足度」としてピックアップします。

企業の大きさ・実績

工務店ではなくハウスメーカーを選ぶ理由の一つとして、「企業が大きくて安心できる」ということがあると思います。なので、ハウスメーカーだけど企業として不安定では困りますよね。「ここなら大手だし変なことはなさそう」という一定の安心感って、結構大きいものです。

【企業の大きさ・実績の優れたハウスメーカー3選】

  • 積水ハウス
  • ダイワハウス
  • 住友林業

※日本全国での着工実績・企業としての大きさと歴史を考慮して選びました。

アフターサービス・満足度

建ててから永く住む家だからこそ、住んでからのことが最も気になる人も多いです。建築という一般にはよく分からない分野だからこそ、「満足度実績」といういわば口コミを信頼する人も多いです。

【アフターサービス・満足度の良いハウスメーカー3選】

  • スウェーデンハウス
  • ヘーベルハウス
  • 積水ハウス

※これはわかりやすく、2020年のオリコン満足度ランキングを基に選抜しました。

ハウスメーカー満足度ランキングについて詳しく知りたい方はこちら!

ハウスメーカーの満足度ランキング・トップ5!その特徴も併せて紹介!

ハウスメーカーの失敗しない選び方 最後は人

ここまで色々と書いてきてなんですが、個人的に一番大切なのは「人」の部分だと思っています。いくらそのハウスメーカーの性能が良くても、担当者が気に食わなかったら、まずそのハウスメーカーは選ばないでしょう。

プランの提案をしてくれるのも人、特徴をわかりやすく伝えてくれるのも人、資金提案してくれるのも人、です。特に、契約までに一番影響力があるのが営業マンでしょう。

どんなにマッチングがぴったりのハウスメーカーでも、営業マンとの相性が悪ければ必ず失敗します。優秀な営業マンと出会いたい方は、こちらをご覧ください!

現役社員が教える!ハウスメーカー 優秀な営業マンとの出会い方

ハウスメーカーの失敗しない選び方 こんな選び方は要注意

よくある、でもこの選び方は注意!っていうのをいくつかピックアップしておきます。

値引きの大きさで決める

これ、本当にやめましょう。

本命ハウスメーカーが少しでも安くなること自体は良いことですが(値引き交渉やりすぎは注意)、「値引きが多かったA社に決めた」というのはNGです。

そもそも、あなたが建てたかった家は「たくさん値引きしてもらった家」ですか?違いますよね。

本来、家を建てる意義や大切にしたいことがあって、それを実現するための家づくりです。それが、たくさんの検討をしていくあまり本質を見失い、もう訳が分からなくなって、目の前にある「値引額」でハウスメーカーを決めてしまうことがありますが、絶対に後悔につながります。この決め方はやめましょう。

「大手だから」で決める

大手ハウスメーカーであること自体は、間違いないメリットです。ですが、「大手」だから「あなたに合うかどうか」は別問題。

大切なことは、「大手だから○○が優れている」、この○○があなたにとって大切なことがどうか、そしてそれを自分の目で確認したかどうかです。

大手であることはメリットと同時にデメリットも当然あります。盲目的に大手を信じるのはやめましょう。

他人に判断を委ねる

何千万円なんていう買い物をしたことがない人がほとんどですから、どこか一つのハウスメーカーに絞る、なんてかなりエネルギーが要りますよね。家族の人生かかっているし、金額とんでもなく大きいし、専門的で建築とかよくわかんないし・・・

このストレスから逃げたくて、他人に判断を委ねる、もしくは他人を言い訳にして逃げる人は大勢います。

例えば「親からこう言われたから」「友人がこうだったから」。いや、別に参考にするのはいいんですけど、それを根拠に判断して本当にいいんですか?他ならぬあなたの家ですよ?もしその判断で失敗しても、その親(友人)は何の責任も持ってくれませんよ?

また、私がいうのもなんですが、ネットの情報。これを根拠にいろんな判断をしている人が本当にたくさんいますが、これもお勧めしません。

これも、もちろん参考にするにはいろんな情報があってとても役立つのですが、はっきり言ってネット上の情報なんて本当に精度が低いものが多すぎて、笑っちゃうくらいです。

「ネットを見たらこう書いてあったので、私はこう判断します」みたいな人もいるんですが、いや、別にいいんですけど、その記事書いた人はあなたが失敗しても後悔しても、なんの責任も負ってくれませんからね?

どこまでいっても最後は自分の判断。自分が見て、聞いて、信じたものを信じるしかないです。外野はあくまで「参考程度」にしておきましょうね。

もちろん、私の記事も。

ハウスメーカーの失敗しない選び方 まとめ

ハウスメーカー選びを失敗しないためには、

「あなたにとって家づくりで大切なこと」を最も実現してくれるハウスメーカーで建てることがポイントです。そのために、

  • あなたが大切にしていることを知る
  • 住宅の性能・デザイン・価格・信頼性それぞれの項目について重要度をランク付けする

そして、人、特に営業マンとの出会いを大切にしましょう。値引き額で決める、大手を盲信する、他人に判断を委ねることはNG。

これを守って、あなたにとっての最高のハウスメーカーを見つけてください。

あなたの建築計画が最高ののとなりますよう、心を込めて・・・