家づくり建築資金

建築費用って全部でいくらくらい?項目別に費用の目安を知ろう!

  • 家を建てるっていっても、一体いくらくらいかかるの?
  • 金額の相場を理解しないで計画を進めるのは不安・・・
  • 大体の目安でいいから教えて!

さあ、家を建てよう!と思っても、一番最初に気にかかるのは建築費用。金額はピンキリだとは思うけど、一体くらくらいかかるものなの?

金額のことを何も知らずに、恥をかくのも嫌だし、騙されるのはもっと嫌。だから大体でいから建築費用の目安を知りたい!

そんな人はこの記事を読んで解決しましょう。

何に、いくらくらいかかるのか、全部お答えしますよ!

建築費用 どんなことにお金がかかるかを知ろう

建築費用といっても建築条件や施主の要望が変われば金額は全く変わってきます。一概に「○○千万円だよ」と言えるものではありません。

なので、自分の計画の費用相場を「友人は○○千万円で家を建てた」とか「ネットでは大体○○万円が相場って書いてある」とか、他人の計画で決めるのはNGです。あくまで、「あなた」の計画ですからね。

なので、一度自分の計画での計算をしてみましょう。

まず、建築費用といってもかかる費用の項目は多岐に渡るので、その大きな項目を知っておくことが大切です。以下、ざっくりとまとめました。

【建築工事費用】

  • 建物本体費用
  • 特殊施工費用
  • 高額な設備費用

【付帯工事】

  • ライフライン整備費用
  • 解体工事費用
  • 外構工事費用
  • 地盤改良工事費用

【手続き関係】

  • 建築申請関係費用
  • 登記費用

【その他費用】

  • ローン手続き関係費用
  • 火災保険費用
  • 引越し仮住まい費用
  • 家具家電費用

もちろんケースによりその他の費用がかかる場合がありますが、大まかにはこのような費用項目があります。では、一つ一ついくらくらいかかるものなのかを見ていきましょう。

建築費用 建築工事費用

建物本体費用

建物本体費用は、建物の器そのものの費用のことで、骨組みなどの構造体はもちろん、基本的な内装やキッチンなどの設備費用は全て含まれます。

一般的には「坪単価」とはこの建物本体費用のことを指します

なので、坪単価×坪数=建物本体費用となります。

あくまで一般的にですが、3〜4LDKの単世帯で建物面積30坪〜40坪くらいが多い層です。で、坪単価は、

  • ハウスメーカー・ハイクラス=80〜90万円/坪
  • ハウスメーカー・ミドルクラス=60〜70万円/坪
  • ハウスメーカー・ローコスト=50〜60万円/坪
  • 工務店=40〜60万円/坪
  • 設計事務所=40〜90万円/坪

これくらいを目安にしていきましょう。

例えば、35坪の家をミドルクラスハウスメーカーで建てると、35坪×60万円=2100万円くらいが建物本体工事の目安になるということです。

坪単価について詳しく知りたい方はこちら

坪単価の比較は危険!?坪単価という言葉の罠

特殊施工費用

あまり事例はないですが、家を建てる土地が特殊な条件の場合にはかかることがあります。例として

  • 全面道路が狭すぎてレッカー車が入らない
  • 道路から高低差がありすぎて、一般的な重機が使えない
  • 大きな幹線道路沿いや商店街の中などで、特殊な施工方法となる

などです。いくらくらい加算されるかは一概に言えませんが、例えばレッカー車が入らない場合などは、人の手で全ての材料や骨組みを運んで建てることになりますので、100〜200万円ほどは少なくとも特殊施工費用として加算されます。

土地を買う際にはこのようなことで余計な費用がかからないかを事前に確認することが大切です。また、見積もりを出してもらう前にはこのような特殊施工が不要かもちゃんと確認しておきましょう。

高額な設備費用

何を持って高額かとかは難しいですが、代表的なものを挙げておきます(費用は一般的な目安として)。

  • 太陽光発電(100〜150万円)
  • 蓄電池(80〜150万円)
  • 床暖房(40〜80万円)
  • エネファーム(100万円)
  • 全館空調(200〜300万円)
  • ホームエレベーター(200〜300万円)etc・・・

一般的には坪単価には含まれませんが、欲しいとなったら結構金額がかかるものの一例です。欲しいものがあるときには、この予算も見ておきましょう。

建築費用 付帯工事

ライフライン整備費用

住まいに必要な、給水・排水・ガス・電気などのライフラインを整備するための費用です。基本的に、建物内のライフライン整備は建物本体工事に含まれますので、ここでいうライフライン整備は敷地内、建物外の整備のことを指します。

金額の目安として

  • 水・ガス・電気の基本工事(80〜100万円)
  • 二世帯住宅のでメーター数が増える場合(基本工事+50万円)
  • 給水管を引き込みし直す場合(=建て替えの場合に多い)(基本工事+50〜100万円)
  • 排水管を引き込みし直す場合(基本工事+50〜100万円)

解体工事費用

既存家屋を取り壊す費用です。この費用は、取り壊す建物の大きさと構造によって金額が変わります。(目安の金額には、家屋だけでなく一般的な既存外構の撤去・整地費用なども含みます)

  • 木造の場合(解体家屋坪数×5〜7万円)
  • 鉄骨造の場合(解体家屋坪数×6〜8万円)
  • RC造の場合(解体家屋坪数×10万円〜)

ちなみに、家屋内にくっついている物(キッチンや作り付けの収納、給湯器など)は解体工事費用に含まれますが、いわゆる家具や家電品は解体工事費用に含まれていないことがほとんどです。

家電品は、費用さえ払えば解体工事で撤去してくれますが、ソファやベッド・洋服などは、実は解体業者は撤去できませんので、別の業者(リサイクル業者・引越し業者・産廃業者など)に頼む必要がありますのでご注意ください。

外構工事

いわゆる外回りの整備工事のことで、具体的には、

  • カースペース整備
  • 外周のブロック・フェンス
  • 玄関までのアプローチ
  • 表札・ポスト・インターホン
  • 庭の整備
  • ウッドデッキやテラス
  • 土留め工事

などが該当する工事になります。

外構工事は、これ以外の工事と違って本当に必要な費用の幅が広く、なかなかいくらとは言えないものです。

とは言え例えばでいうと、

  • 土地40坪
  • 道路との高低差なし
  • カースペース2台
  • 外周にブロックフェンス整備
  • アプローチタイル
  • 表札・ポスト・インターホンと門袖

このような状況で大体150万円くらいは最低限みておきましょう。しかし、少しデザインにこだわれば、あっという間に200万円、250万円と膨らみます。

特に、敷地と道路、敷地と隣地に高低差がある場合の土留め工事はかなりの高額になります。程度によりますが、高低差が2Mを超える場合にはRC擁壁というかなり頑丈な構造物を作る必要があるため、平気で1000万円くらいはかかる場合があります。この辺りは、土地を買う際には注意しましょうね。

地盤改良工事費用

建設地の地盤が軟弱だった場合に必要になる、地盤を補強する工事です。

地盤改良が必要かどうかは、事前に地盤調査を行い、地盤強度を測定して判断します。地盤調査の結果、地盤が強固であれば地盤改良工事は不要です。

もしも軟弱地盤だった場合は100〜200万円くらいの費用をみておきましょう。

ちなみに、「親からこの辺は昔は畑だったから地盤が強いと聞いている」とか「今の家を建てたときには、大工さんに地盤改良は不要と言われた」などよく聞きますが、はっきりいって全く当てになりません。

数十年前には、そもそも地盤改良工事をしている物件はそもそもほとんど存在していません。そういう発想自体が戸建てにはなかった時代です。また、極端にいうと隣が地盤強くて自分の土地は弱い、なんてこともあり得る世界なので、必ず事前に地盤調査を行って、工事の必要性を確認しましょう。

建築費用 手続き関係

建築申請関係費用

家を建てる際にはいろいろな申請をします。必ず必要な「建築確認申請」に加え、「住宅性能表示」「長期優良住宅申請」など様々です。

住まいのスペックや施主の要望によりどこまでの申請をするかはそれぞれですが、おおよそ50〜100万円ほどは見込んでおきましょう。

登記費用

建物を新しく建築した際に必要な手続きの一つです。ローン利用の有無や金額、登記名義人の人数などにより異なりますが、おおよそ20〜40万円ほどは見込んでおきましょう

建築費用 その他費用

ローン手続き関係費用

ローンを組む場合には、手続きの費用が発生することがあります。

ほぼ必ず必要なのが「印紙代」と「手数料」。借入金額にもよりますが、一般的には5万円もあれば足ります。

ただし、ローンの商品によっては、金利をとても低くする代わりに「手数料」や「保証料」か高額でかかる場合があります。これらの費用は、大体借入金額の1.5〜2.5%くらいのことが多いです。3000万円組むなら60万円くらいかかる場合がありますから注意してくださいね。

火災保険費用

新しく家を建てたら必ず火災保険には入ると思います(ローンを組む場合はかさいほけん加入が条件)。保険については、その内容によってかなり幅があるので一概にいくらとは言いにくい分野です。内容条件は、

  • 建物の構造(木造よりも鉄骨の方がかなり安くなります)
  • 建物の性能(どこまで火災に強い住まいにしているかで保険料は変わります)
  • 建設地(建てる都道府県で保険料は変わります)
  • 建物の大きさ・金額
  • 保険の内容(火災だけでなく、水災・風災・偶発的事故等まで含むかどうか)
  • 保険期間(単年払いから、最大10年まで一括払いができます)
  • 地震保険・家財保険の有無

これらの内容で金額は全部変わります。とは言え、ざっくり目安だけで言えば、本当に最低限であれば年間1万円くらいで済みますし、最大限に保証を手厚く10年分一括で払うなら40万円くらいみておきましょう。

詳しく計算してみたい方はこちら

火災保険料のシミュレーションはこちら

引越し仮住まい費用

意外に忘れがちなのがこの引越し・仮住まい費用です。特に、仮住まい費用はけっこう金額がかかりますので注意しましょう。

例えば、工期5ヶ月の場合、家賃10万円のところで約6ヶ月分(引越し等考えて工期+1ヶ月)、敷金礼金各1ヶ月、引越しが行って来いで2回、これで大体100万円くらいかかります。

しかもこの費用は住宅ローンに組み込めないことがほとんどなので、現金をちゃんと用意しておきましょうね。

家具家電費用

当たり前ですが、建物本体費用には家具(ソファとかダイニングテーブルとか)費用は含まれていません。家電品も同様で、エアコン・居室に取り付ける照明器具、カーテンなども別途費用を見ておく必要があります。

ごくまれに、「エアコンとか照明器具とかって、坪単価に入ってるんじゃないの!?」っていう人もいますが、坪単価には含まれていませんので注意してくださいね。

ちなみに、エアコン・照明器具・カーテン・家具は、建築会社を通して用意することも可能です。この場合、完成時に全て設置されている、ローンに含むことができる、というメリットがあります。

建築費用って全部でいくらくらい?まとめ

このように。建築計画によって金額はかなり振り幅があります。ですが、一つ一つ紐解くとそんなに難しい計算ではないので、ざっくりと自分の計画に合わせて目安の金額を計算してみましょう。

ここでの計算はあくまで参考に、目安をつけたらちゃんと建築会社に見積もりを出してもらいましょうね。

あなたの建築計画が最高のものとなりますよう、心を込めて・・・