未分類

現役ハウスメーカー営業マンが教える モデルハウスの正しい見学方法

  • 初めてモデルハウスに行くけど、何を見たらいいの?
  • モデルハウスに行ったらすごく営業されそうで心配・・・
  • 効率よくモデルハウスを見学したい

 

「一戸建てを建てたい!」

そう思い立ったらまずはモデルハウスに行こうと思う人は多いはず。

でもモデルハウスってなんか敷居が高い。すごく豪華そうだし、行ったらたくさん営業されそう・・・なんていう不安がたくさんあって、行こうと思うまででもけっこうエネルギーが要りますよね。

それは、モデルハウスってどんなところで、何をするところなのかがイマイチ分からないからです。

でも安心してください!

この記事を読んで、モデルハウスの正しい見学方法さえ知っておけば、モデルハウスは必ずあなたにとって役立つ場所になります!

モデルハウスはこんなところ!

モデルハウスは、住宅会社が自社の商品を実際に建てて、お客さんに実際に見学してもらうところです。

いろんなタイプがありますが、まだ目当ての住宅会社が決まっていないようでしたら、一つの大きな会場にたくさんのハウスメーカーの展示場がある総合住宅展示場がお勧めです。一気にいろんなタイプの展示場が見れますから効率が良いです。

モデルハウスには必ず営業マンがいて、その営業マンの話と、モデルハウスの実物を見学しながら住宅計画のことを勉強、ないしは場合により具体的に進めて行きます

ちなみに、具体的に住宅計画を考えていなくても、見学は全然大丈夫です。

実際、私の経験では「今すぐ具体的に住宅計画を進めたい!」っていう人は、来場者の1割にも満たないです。ほとんどの方が「将来的な参考に」「まずは勉強を」というスタンスで見学に来ていますから、いますぐ家を建てる!っていう方でなくても大丈夫ですよ。

モデルハウス見学は事前予約がおすすめ!

モデルハウスを見学する際には、事前の見学予約をお勧めします。もちろん、フラッと立ち寄って見学しても大丈夫です。というか、そういう人の方が多いです。

しかしながら、見学予約をして事前に見学の日時が決まっていると普段は忙しい優秀な営業マンが担当するケースが多く、フラッとモデルハウスに立ち寄った場合には時間が余っている売れない営業マンが担当する可能性が高くなります。

もちろん、双方必ずではありませんが、可能であれば事前の見学予約をしましょう。詳しくはこちらから。

現役社員が教える!ハウスメーカー 優秀な営業マンとの出会い方 家という何千万円の買い物、優秀な営業マンに担当してもらいたい ハウスメーカーの営業は口が上手いと聞くから騙されないか心配・...

モデルハウス見学の目的

モデルハウスで見るべき、知るべきポイントはこんな感じです。

  • 間取り・インテリア・設備
  • ハウスメーカーの特徴
  • 建築費用
  • 建築計画の進め方

モデルハウスの間取り・インテリア・設備

モデルハウスには本当にいろんなタイプの間取りがありますから、たくさん見学しましょう。モデルハウスの一番の良さは、この間取りを実際に「体験」できるところです。

そして、この「体験」する上でとても大切なことがこの2点。

  • 自宅だと思ってくつろいでみる
  • 実際の生活を出来るだけイメージする

自宅だと思ってくつろいでみる

これはとても大切です。ほとんどの人が「立ったまま」モデルハウスを見学します。でも、自宅で過ごす時ってずっと立ってますか?

リビングはソファに座ってくつろぐし、ダイニングはチェアに腰掛け、お風呂は湯船につかりますよね。

これをモデルハウスで実際にやってみてください。実際にやってみないと、その空間を魅力的に感じるかどうか、広いのか狭いのか、使いやすいかそうでないか、わかりません。

ソファに座らせてくれない営業マンは絶対にいませんから、安心してくださいね。マナーとしては一声かけて、積極的に体験しましょう!

実際の生活を出来るだけイメージする

部屋の広さや収納量、間取りの動線などは出来るだけ実際の生活や今の自宅との比較を想像しましょう。

例えば、

「このキッチンだったら、テレビが見ながら料理ができて、家族とも会話できて楽しそう」

「このウォークインクローゼットがあったら、今の自宅の洋服は全部納まるな」

「子供がこの庭で楽しそうにしているのを、このリビングでくつろいで見ているのは幸せだな」

「このインテリア、自宅だと意外に落ち着かないかも!?」

とか、こういうことです。

モデルハウスって、本当によく考えられた空間の工夫がたくさんあります。なんとなく見ているよりも、生活をイメージしながら見学すると格段に得られる体験が増えますので、是非とも覚えておいてくださいね。

 

また、見学の際はモデルハウスの気になったところは、写真をたくさん撮っておくことをお勧めします。具体的に計画を進める段階になってからいろんなアイデアを思い起こす際に必ず役立ちます。一応、マナーとして営業マンに一声かけてくださいね。

モデルハウスで聞く ハウスメーカーの特徴

いろんなハウスメーカーがありますが、それぞれのハウスメーカーに強みや特徴があります。最終的には、どこかの住宅会社一つと契約して計画を進めて行くわけですから、どこの会社が良いかを選ぶために最も重要なところです。

これは、単純に

「他の会社にはない、あなたの会社の特徴はなんですか?」

と営業マンに聞いてみましょう。必ず教えてくれます。

話してもらった特徴が、そのハウスメーカーの家に対する価値観、大切にしていることです。

それは「金額」「頑丈さ」「快適さ」「アフターサービス」など、色々ありますが、あなたが家に対して求める価値観、大切にしたいことが同じハウスメーカーで建てましょう。

このことがハウスメーカー選びで最も大切なことです。

ちなみに、「他の会社にはない」というのが実は大切なポイントなんです。

というのも、ハウスメーカーは基本的に注文建築ですから、例えば、内装や住宅設備は基本的にはなんでも実現できます。

そして、この内装材や設備は、(極一部のハウスメーカーを除き)ハウスメーカーが独自に作っているわけではなく、キッチンならキッチンメーカーから、フローリングなら内装メーカーから仕入れているだけなので、どこのハウスメーカーでも同じようなインテリアや設備は実現できます。

だから、どのハウスメーカーでも実現できる、例えばモデルハウスで見たキッチンやインテリアなどの印象だけでハウスメーカーを決めることだけは絶対にNGです。だって、それはどのハウスメーカーでも実現できることですから。

ハウスメーカーの特徴=そのハウスメーカーで建てる理由

インテリアや設備=家づくりにはとても重要だがハウスメーカーを選定する理由にはならないこと

この違いをしっかりと理解しておきましょうね。

モデルハウスで聞く 建築費用

営業マンから、家を建てるにあたって必要な金額や、その返済計画を必ず聞きましょう。建築費用についての情報もネットにはたくさん溢れていますが、やはりそれはどこまでいっても一般論でしかありません。

人によって、建てる家の大きさも、設備のグレードも、インテリアの好みも、建築する時期も家族構成も年齢も、全て違います。

だから、他ならぬ「あなた」に合わせた話を聞けるのがモデルハウスの良いところです。

ただし、金額のことを聞くならしっかりと時間をとって話を聞くことをお勧めします。立ち話などでの簡単なお金の話はいろいろな誤解を生み、誰にとっても良いことはありません。

モデルハウスで聞く 建築計画の進め方

計画スタートしてから家が完成するまでのスケジュールをしっかりと聞いて把握しましょう。

人によって建築計画の内容や家族、仕事の事情が違いますから、自ずと建築スケジュール、いつ何をするのか、いつ頃完成させるのかが変わってきます。他ならぬ「あなた」に合わせたスケジュールをしっかりと把握しましょう。

モデルハウス見学の注意点

モデルハウス見学の際の注意点です。

  • モデルハウスは建物が大きい!
  • インテリアや設備のグレードが高い!
  • アンケートは記入しなくてもいい

モデルハウスは建物が大きい!

ほとんどのモデルハウスはかなり大きな建物で、大体60〜90坪ほど、一般的な一戸建ての2〜3倍の大きさです。

だから、よく来場者とはこんな会話が繰り広げられます。

来場者「このモデルハウスって何坪?何階建?」

営業マン「大体80坪の3階建です」

来場者「デカすぎるわー。うちは建てるの2階建てだし、参考にならないね」

で、足早に見学して帰ってしまう。実は、これはとってももったいないです。

モデルハウスが大きい理由は単純に一つ一つの部屋が広いことももちろんありますが、いろんなパターンの部屋を見てもらうために部屋数が多かったり、ハウスメーカーの特徴を見るショーコーナーがあったり、商談する部屋があったり、そういうものを全部ひっくるめて大きな建物になっています。

なので、「このモデルハウス1棟にそのまま住む」というイメージで見学するのではなく、「いろんな部屋が展示してある建物で、各空間ごとのアイデアや特徴を学ぶ」という感覚で見学することがとても重要です。

例えば、リビングダイニングが2つあるモデルハウスで、「うちは二世帯住宅ではないから参考にならない」とするか「単世帯のリビングダイニングが2パターンも見れる!」とするかの違いです。

そもそも注文建築ですし、想定の家族構成も土地の状況も全く違うわけですから、モデルハウスそっくりそのままが完璧に理想通り、なんてことは絶対にありません。

よく「このモデルハウスでいくら?」と聞かれますが、本気で建築費用を知りたいとしたら、めちゃくちゃナンセンスな質問ですね。あなた、80坪の家建てるの?って質問を返したくなります。

モデルハウスが大きい=いろんなパターンの部屋やアイデアが満載!と思って見学しましょうね。

ただし、一つ一つの部屋がかなり大きいのも事実。その部屋の帖数、大きさは必ず営業マンに確認して、理想と現実のギャップをしっかりと把握しましょう。

モデルハウスのインテリアや設備はグレードが高い!

一部を除きほとんどのモデルハウスでは、かなりグレードの高い内装や設備を使用しています。もう、本当にお金かけていることが多いです。

なので、例えばそのハウスメーカーの建築費用を聞いたときに、その金額では間違いなく同じようなグレードの家はできません。

注文建築は建て売りと違って自分の家はまだ目の前にないですから、この勘違い・ギャップがとても危険です。

このギャップを回避する手段としては、

「素敵と思ったインテリアや設備は、必ずその価格を聞く」

「提示された建築費用ではどの程度のグレードの内装・設備が付くかをカタログ棟含め必ず確認する」

「各ハウスメーカーが建てた実際のお客さんの家を見学する」

ことです。せっかくの注文建築で、「思っていた空間となんか違う」なんてことにならないよう、十分に注意しましょう。

モデルハウスでのアンケート記入 メリット・デメリット

予約なくモデルハウスへ行った場合、全てのモデルハウスで、営業マンがお客さんの個人情報をゲットしてその後の営業活動に役立てるため、アンケートの記入を求められます。

しかし、必ずしもアンケートに記入しないといけないわけではありません。個人情報ですから拒否する権利はありますし、アンケートは書かなくてもモデルハウスの見学は必ずさせてくれます。

名前や住所、電話番号を記入すると、間違いなくその後の営業活動で自宅に営業マンがきたり電話があったりダイレクトメールが届いたりします。情報がどんどん欲しい方はいいですが、こういった営業活動が嫌いな方はアンケートの記入は断りましょう。

ただ、個人的にはアンケートはちゃんと記入して答えることをお勧めします。なぜなら、アンケート記入の有無で、営業マンのモチベーションが全然違うからです。

考えてみてください。どんなに一生懸命、時間と労力をかけて接客をしても、アンケートに答えてもらえなかったら顧客登録ができませんから、その人は「お客様」にはなり得ません。

だったら「このお客さんは手早く接客を終わらせて次お客様に備えよう」と思うのが営業マンの心理です。

つまり、一生懸命案内をしてもらえない=モデルハウスでの有益な情報を得られない可能性が高まってしまいます。

正直言って、お客さんが勝手にモデルハウスを見て得られる情報や経験なんて、本当にたかが知れています。やっぱり、そのモデルハウスを知り尽くした営業マンから説明を受けるのが一番なんです。

だから、アンケートの記入はお勧めします。

「でもその後の営業を受けるのは嫌・・・」

そんな人は、接客を受けた最後に「アンケートは書いたけど、今後の電話や訪問、ダイレクトメールとかは遠慮して欲しい」と営業マンに伝えましょう。それだけで、営業を受ける可能性はグッと減ります。それでも営業を受ける場合は、「もう建築計画が亡くなったから顧客登録を抹消して欲しい」と伝えればOKです。

モデルハウスの正しい見学方法 まとめ

【モデルハウスの有効活用の方法】

  • モデルハウスで様々な間取り・インテリア・設備を「体感」すること
  • 他ならぬ「あなた」に合わせた資金や建築スケジュールの情報を得ること
  • そのハウスメーカーならではの特徴を知ること

【注意点】

  • モデルハウスが大きすぎるからといって適当に見ない
  • インテリアや設備のグレードの高さには要注意
  • できれば、アンケートは書いてちゃんと接客を受ける

いかがでしょうか。

モデルハウス見学は建築計画の第一歩です。正しく見学して、たくさんの情報を得ましょう。

あなたの建築計画が最高のものとなりますよう、心も込めて・・・